1990年代のヒット曲名曲~時代を励まし続けたJ-POP ~  1991年、1992年、1993年、1994年、1995年、1996年、1997年、1998年、1999年のおすすめJPOPヒットソングを中心に紹介しています。90年代の名曲ヒット曲満載です!CD紹介やiTunesStoreのダウンロードも簡単にできますよ!
<< まずはコレ!年別 おすすめJ-popはコチラから >>
1991年  ⇒ 1992年  ⇒ 1993年  ⇒ 1994年  ⇒ 1995年  ⇒ 1996年1997年  ⇒ 1998年  ⇒ 1999年


HOME > CATEGORY - 今日のおすすめ~書籍

カテゴリ:今日のおすすめ~書籍の記事一覧



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           スポンサードリンク
       



--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
『週刊現代』の「決定!日本のいい俳優ベスト20〈男優篇〉」。1位 香川照之!
一週間ほど前に、「今、「いい役者」といえば誰なのか。女優1位・松たか子 男優1位・香川照之」と言うタイトルで記事を更新しましたが、その時紹介した碓井広義さんが取材を受けた週刊誌とは、『週刊現代』だったようです。

それについて、碓井広義さんがブログを更新してくれていました。
⇒ 『週刊現代』の「決定!日本のいい俳優ベスト20〈男優篇〉」に寄稿


今回は「決定!日本のいい俳優ベスト20
<女優編>は、来週だそうです。

最終の集計結果は以下の通り。



1位 香川照之 30点
2位 浅野忠信 14点
2位 岸部一徳 14点
4位 加瀬亮 12点
4位 高良健吾 12点
6位 役所広司 11点
7位 柄本明 10点
8位 堺雅人 9点
8位 渡辺謙 9点
10位 三浦友和 8点
11位 山田孝之 7点
12位 松山ケンイチ6点
12位 小栗旬 6点
14位 向井理 5点
14位 大滝秀治 5点
14位 ARATA 5点
14位 大森南朋 5点
14位 阿部寛 5点
14位 阿部サダヲ5点
20位 岡田将生 4点




なるほど、確かに「いい役者」。
個人的には、阿部サダヲさんは、もっと上ですね。
そして、やっぱり香川さんでしたね♪
日本にも素敵な役者さんがいっぱいいるな~って改めて思います。

そして、

来週は<女優編>!
”いい”女優さんもたくさんいますからね~♪
すごく楽しみです。


こちらの記事も興味深いです。

第34回山路ふみ子映画賞発表&第35回報知映画賞 ノミネート発表!

第35回報知映画賞では、松さんも主演女優賞にノミネートされています。


極端に表情を変えず、徹底的に追い詰めていく主人公は圧巻であった。
彼女は、報知映画賞には縁が深く、もし主演女優賞を獲得すると、昨年の『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』に続き、2年連続、04年『隠し剣鬼の爪』でも受賞しているので3度目の受賞となる。



ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
も、隠し剣 鬼の爪も本当によかったなぁ。

最後の場面で松さん演じる「きえ」の言葉。
「それは命令ですか?」
でしたっけ?

本当にかわいい♪


ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]
(2010/04/07)
松たか子浅野忠信

商品詳細を見る

隠し剣 鬼の爪 通常版 [DVD]隠し剣 鬼の爪 通常版 [DVD]
(2005/04/28)
永瀬正敏松たか子

商品詳細を見る



スポンサーサイト
           スポンサードリンク
       



2010'11'17(Wed)14:28 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
松たか子:雑誌「真夜中」でのコラムと、最新「ラ・マンチャの男」関係番組出演情報!
松さんが、'09/04/22(水)発売の <雑誌> 「真夜中」にて、「眠りの国」についてのコラムを寄せているようです。


この「真夜中」という雑誌は馴染みのない雑誌なので、ホームページで調べてみました。

⇒ http://www.littlemore.co.jp/magazines/mayonaka/backnumber/114.html

目次のところに、


Column[3] 眠りの国 「ただ眠る」まで 松たか子


と、ありました。

さて、ちょっと想像もつきませんが、松さんの文章大好きなので明日にでも本やさんへ行こう♪♪



それから、こんな情報も。


'09/05/04(月)9:55~
<TV情報番組> 「ラ・マンチャの男スペシャル 幸四郎・松たか子親子トーク with 渡辺徹」

MBS
※関西ローカルTV




私が住む街では残念ながらみることができません。
見られる方、どうぞお楽しみに。。。


           スポンサードリンク
       



2009'04'23(Thu)13:53 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
元・光GENJI 大沢樹生さんの本:昨夜未明、大沢樹生が死にました…
私は、小学生の時、光GENJIが大好きでした。
例にもれず、親にローラースケートを渾身の力を込めてねだりました。
その頃私の靴のサイズは、22cmになるかならないかで、量販店に売っているローラースケートの最少サイズが23.5cmだとわかった時のショックといったら、、、
右目に3本縦線の入ったちびまる子ちゃんそのものだったなぁ~
それでもあきらめきれず、学校が終わると我さきにと家に戻り、そのぶかぶかなローラースケートでもって、

言わないで~言わないで~さよならはまちがいだよ

と、「ガラスの十代」を唄う。

まさに彼らは、わたしたちのアイドルでした。
テレビのなかでキラキラして、踊って歌う少しお兄ちゃんの彼らを見て、私たちは夢を見、音楽を覚え、小さな未熟な心に、ささやかな生きる喜びを覚えたのです。


あれから20年、自分も大人になり、あんなに憧れた光GENJIの面々も”完璧”じゃなかったこともわかり、まぁ、いろいろあるよね、人生。ってな具合に、彼らのことも客観的に、でもやっぱりどこかで応援し続けていました。


でも、さすがにあの赤坂クンの事件はまいりましたね。
だって赤坂クンの印象って、、、わかりますよね、20年前の彼らを知っている人たちなら。
ホントかわいかったんですよ。
ちゃんと立ち直ってほしい、今思うのはただそれだけです。


そんな複雑な心境の中偶然手にしたのが、この本。

昨夜未明、大沢樹生が死にました…昨夜未明、大沢樹生が死にました…
(2008/11/21)
大沢 樹生

商品詳細を見る

とりあえず衝撃的なこのタイトルに一瞬ひきましたが、でもなんだか気になって読んでみることにしました。

これが、なかなかあったかい本だったんです。


デビュー前、デビュー後、トップアイドル時代、解散後、結婚、息子さん、離婚、再婚。。。。

そして、最後の最後は、赤坂晃クンとのエピソードで締めくくられます。



そして、彼は生き返りました。
これからの彼が楽しみです。



光GENJIファンだった人も、光GENJIを知らない世代の人も、なにかしら感じるものがあるのではないでしょうか。



           スポンサードリンク
       



2009'01'30(Fri)00:23 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』が放送30年を記念して出版した1冊の本:ザ・ベストテン
70年代から80年代前半生まれでJ-POPに興味を持っていた人なら忘れることのできない伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』。



1978年1月19日、木曜日21時。黒柳徹子、久米宏の司会で始まった『ザ・ベストテン』。
放送12年、オンエア603回、出演歌手400組、最高視聴率41.9%…。
伝説の音楽番組が放送30年を記念して1冊の本になった。



この番組でJ-POPを覚えた私にとっても、なんとも甘酸っぱい想い出の番組です。


あのアイドルやアーティストが出てくる銀色のくるくる回転するドアと、子どもの耳ではナンパーセント聞き取ることができていたのか、今となっては定かではないあの黒柳徹子さんの機関銃トーク。
もう、記憶の網膜に焼きついたまま消えない場面の数々。


この1冊は、無視することはできませんね。


ザ・ベストテンザ・ベストテン
(2008/12)
山田 修爾

商品詳細を見る


           スポンサードリンク
       



2009'01'19(Mon)00:51 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
「今日のおすすめ~書籍 」サイト引越しのお知らせ
当サイトの「今日のおすすめ~書籍 」を、おすすめ本専門の別サイトに独立させることにしました。
今まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

もし、興味のある方は、心の体の健康に関するおすすめ本 ~BookStoriesにも遊びに来て下さい。


そして、今後も当サイト1990年代からのおすすめJ-pop ~MusicStoriesを宜しくお願い致します。

           スポンサードリンク
       



2008'11'18(Tue)14:38 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
すべては音楽からはじまる by 茂木健一郎
ASKAさんは、「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」 ASKA - Never End - 晴天を誉めるなら夕暮れを待て という曲の中で、
”科学は正しいと言う 迷信の風で育った”
と歌った。

この曲を聴いた時、妙に納得したものだけれど、そんな”科学”を”脳”という見地から追及し続けている茂木健一郎さんが、この世界で最も科学で究明することが難しいであろう”音楽を聴いたことによってもたらされる感動”のメカニズムについて語る。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 「美しい」「嬉しい」「悲しい」「楽しい」・・・・・・。一瞬一瞬に生身の体で感動することによって、人は、自己の価値基準を生み出し、現実として自分のものにできるのである。それが「生きる」ということである。だからこそ、本当に感動を知っている人は、強い。生きていく上で、迷わない。揺るがない。折れない。くじけない。
 音楽は、そんな座標軸になり得る。音楽の最上のものを知っているということは、他のなにものにも代えがたい強い基盤を自分に与えてくれるのだ。

 私は、新しい自分に出会いたくてコンサート会場へ足を運ぶ。演奏に耳を傾けることで、今までの自分の人生がどれくらい豊かであったかを確かめる。

 生きながらにして、生まれ変わるような体験。それが音楽であり、音楽が生命哲学の根幹にかかわるジャンルと呼ばれる所以も、ここにあるのかもしれない。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
「すべては音楽から生まれる」より引用


この本で茂木氏が語る音楽論をたどりながら、自身の音楽体験を思い起こしてみると、「なるほど」と思う部分が多々あった。
生演奏の音楽というのは、エンターテインメントの中でも究極かもしれない。

演劇、映画、私達に感動を与えてくれるものって、この世の中にはたくさんあって、通勤途中に聴くCDの音楽にだって、十分な感動や元気をもらうことができる。

ただ、大好きなアーティストのコンサートでおぼえたあの高揚感には、やはり勝てるものではない。


そして、彼は最後にこう記している。


------------------------------------------------------------------------------------
 私たちが音楽を愛するのは、それが生命のあり方に似ているからだろう。ある場所と時間のうちにしかそれは成立しない。片時も留まることなく、常に変化し続ける。
 そして、最後の響きが鳴り終える時に、音楽というかけがえのない体験は終わりを迎える。私たちの命も、同じである。いつかは終わりがくると判っているからこそ、その途中の道筋で出会う美しいハーモニーや、軽やかなリズムが愛おしいのである。
------------------------------------------------------------------------------------
「すべては音楽から生まれる」より引用


とても素敵な文章でした。
そして、茂木健一郎さん、素敵な方ですね。
今後のご活躍、楽しみです。


すべては音楽から生まれる (PHP新書 497)すべては音楽から生まれる (PHP新書 497)
(2007/12/14)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


           スポンサードリンク
       



2008'10'23(Thu)14:58 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
井川遥 Room Of Kingへの道
今月始まったドラマ「Room Of King」はなかなかおもしろい。
何よりテンポがいいし、ひとりひとりのキャストがとっても魅力的に描かれている。
毎回見終わると、あれ、もう終わっちゃったの?と感じるし、次回が待ち遠しく思える。

今までに出てきた登場人物の中で久しぶりに「ハッ」とっさせられた人がいる。

井川遥。

婦人科医の役なのだけれど、これが普通じゃない。
今までの彼女の役柄にあの過激さはあまりなかったはず。

それにしても、とっても魅力的な役者さんになったなぁと感じた。
今回の「井川遥」は、とてもいい。


縁あって、最近彼女の6年前のエッセイ本を読む機会があった。

デビュー前、デビュー直後、そして新しい仕事たちとの出会い、別れ。
この本の最後で、彼女は、「舞台」という新しい世界に足を踏み入れる。
そして千秋楽を迎えるまでの葛藤はなかなか緊張感があり、読み進めるうちに、ああ、これが今の彼女の「役者魂」の礎となってるんじゃないかな、と感じた。

素敵な女優さんへと成長している今の井川遥を知るからこそ、この文章は、今後何かあたらしいことに挑戦しようとする人たちに勇気を与えるものになっているんじゃないかと思う。

今後のますますの活躍、期待してます。
それから、「Room Of King」今夜ですよね。たのしみたのしみ。。。

あしたの風あしたの風
(2002/09)
井川 遙

商品詳細を見る


           スポンサードリンク
       



2008'10'18(Sat)16:52 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
ウサギはなぜ嘘を許せないのか? : レビュー
「ウサギはなぜ嘘を許せないのか?」という本を読みました。

心に残った言葉は、下の4つ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
1.ほかのみんながしていることによって、自分の倫理観をこしらえてはいけない。
 ほかの人たちが正直で正しいことをしているとはかぎらないのだから。

2.正直で正しいことをした報酬は、受け取るまでに時間がかかる。

3.目先の得ではなく、本当の利益は、モラルを守る人にしか訪れない。

4.大切なのは、「早く」ゴールすることではなく、
 「悔いなく」ゴールすること。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
「ウサギはなぜ嘘を許せないのか?」より引用。

ウサギはなぜ嘘を許せないのか?ウサギはなぜ嘘を許せないのか?
(2006/10/26)
マリアン・M・ジェニングス山田 真哉

商品詳細を見る


ちょっと痛くて、勇気がでる本でした。


日本にもこんな言葉がありますよね。

種を植えたなら、「桃栗3年柿8年」
ウナギ職人は、「串打ち三年、捌き八年、焼きは一生
すし職人は、「飯炊き三年握り八年」


あせらないで、いきましょう。


           スポンサードリンク
       



2008'10'15(Wed)13:47 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
アインシュタインにきいてみよう : レビュー
日曜の「サンデーモーニング」で、造園家の涌井雅之さん曰く、
アインシュタインは「ナレッジ(知識)よりもイメージ(想像)が大事」
と言っていたそうだ。

これは、今年4人の日本人がノーベル賞を受賞したことを受けてのコメントだった。


自分自身の「学び」の歴史を振り返ってみて、とにかく思うのは、どうしてあんなにつまらなかったのか。
学校での授業とテストの繰り返しは、はっきり言って”苦痛”だった。

でも、決して学ぶことが嫌いだったわけではない。
学校というものを卒業してかなりの時間が経つけれど、今でも興味を持つことはたくさんあって、その都度いろんな方法で学んでいる自分がいる。

テレビで歴史もののドラマなんかを見ると、本当におもしろいし、学生のころあんなに苦しんだ人名や地名なんかもいつのまにか覚えてしまっている。

学校でもこういうドラマやドキュメンタリーなんかを見せれば、きっと黒板と机の上だけの授業よりも興味を持つと思うし、なにより想像力がつくと思う。

ノーベル賞を受賞しちゃうような突き抜けてる人たちが、もっともっと国の教育の場で力をもって指導してくれたら、おもしろい授業は実現するのだろうか。。

ノーベル賞までいかなくても、でんじろう先生や茂木健一郎さんや、それから谷村新司さんとか。

今の政治家さんたちって、なんだかアップアップしてるというか、がんばってはいるんだけど、限界を感じているんじゃないかと思う。

民間の「おもしろい発想のできる人たち・想像力のある人たち」にもっと意見を求めるべきだと思う。


まぁ、でもどんな時代でもどんな環境でも「楽しく学べる」人たちはいるわけで。
やっぱり自分次第なのかな、、、
政治や学校のせいにしないで、自分で気づいて、自分で初めて、続けていくことが大事なのかな。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
成功者になろうとするのではなく、価値ある人間になるよう努めるべきです-。

生き方を奇跡の連続と、捉えるかそうでないかのふたつだ。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
アインシュタインにきいてみよう 勇気をくれる150の言葉 より引用

愛と信念と謙虚さとユーモアに満ちた、天才・アインシュタインの温かい言葉たち。
結構おもしろかったです。

アインシュタインにきいてみよう 勇気をくれる150の言葉アインシュタインにきいてみよう 勇気をくれる150の言葉
(2006/03/31)
アルバート アインシュタイン

商品詳細を見る


           スポンサードリンク
       



2008'10'14(Tue)14:06 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
星の商人
--------------------------------------------------------------------------
競争も共存も、どちらも実は正しい。
信じた世界が、あなたにとっての真実の世界。
ただ、人生の責任は自分しかとることができないということ。--------------------------------------------------------------------------
「星の商人」より引用


今日、たまたま手に取った本ですが、なかなかシビれることが書いてありました。
たくさんの人がレビューを書いてます。
商品詳細を見るでチェックしてみてください。


星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-
(2005/07/21)
犬飼 ターボ

商品詳細を見る


これに興味がある人は、コチラもおすすめです。

マジック・ストーリーマジック・ストーリー
(2004/12)
フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ

商品詳細を見る


           スポンサードリンク
       



2008'10'08(Wed)16:07 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
ワタシは最高にツイている
半年前だったか、1年前だったか、、、
とにかく忘れるほど前に、私は図書館である本を予約した。

小林聡美さんは前から好きだったけれど、予約人数がまさかの100人超え。
???とか思いながらも、とりあえずその行列の最後尾につくだけついて、忘れてしまうことにした。

そしてやってきました、その時が。

ちょっと気の遠くなりそうな予約待ち時間だったけれど、すっかり忘れていたおかげで、その日はにわかにおとずれた。

人間の種類が似ているおかげで、とてもおもしろかった。
ひとりの人間として、日々コツコツと生きている姿が、地に足が着いていて好きです。

最後に彼女はこの文章について、自分の抜け殻、と言っていた。
それがまたいいと思う。

言ったこと、書いたこと、すべては抜け殻。

私がこうして毎日ブログに綴っていく思いも全て抜け殻で、”今”の自分は必ずその先にいる。

”その時その時”には責任を持って表現していかないといけないけれど、後になって振り返るべきものではない。

そんなサクサク感が漂う素敵なエッセイでした。


ワタシは最高にツイているワタシは最高にツイている
(2007/09)
小林 聡美

商品詳細を見る


           スポンサードリンク
       



2008'10'08(Wed)15:41 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
がばいばあちゃんの勇気がわく50の言葉
--------------------------------------------------------------------
時計が左に回ったら、壊れたと思って捨てられる。
人間も昔を振り返らず、前へ前へと進め!

ゼイタクすることだけが幸せじゃない。
小さな幸せを大きく感じることが本当の幸せかも。

人間には偉い人なんかおりゃせん。
努力すればすごい人になるたい。
--------------------------------------------------------------------
「がばいばあちゃんの勇気がわく50の言葉」より引用


ふと手にした1冊の本。
私の心に特に残ったのはこのコトバたちでした。

同じものに出会っても、人それぞれ心に残ることも感じ方も違います。

自分のことって本当によくわからないけれど、
出会ったコトバやものを通して、気づくことってありますよね。

世の中には自分の心を映す鏡がいたるところにあります。

今、自分が大好きなもの。大好きな人。
それこそ、今の自分を映す鏡。


がばいばあちゃんの勇気がわく50の言葉がばいばあちゃんの勇気がわく50の言葉
(2007/04)
島田 洋七

商品詳細を見る


           スポンサードリンク
       



2008'10'07(Tue)14:43 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
「父と娘の往復書簡」club.M通販決定!
club.Mサイトで、スペシャル特典付きのものを期間限定で販売するようです。
特典は下記。


★club.M購入特典1★ club.Mへ購入手続きをされた方に、1冊に付き1枚、
松たか子が撮影した写真をしおりにしたスペシャル特典をプレゼント!
発送は商品発送時に同梱いたします。

★club.M購入特典2★ また10/3(金)~10/13(月)までにご入金を行った方の中から抽選で30名様に、松たか子直筆サイン入り本をプレゼント!
(ご購入された本に直筆サインが入ります)


ファンクラブ会員ではなくても、購入できるようです。
取り急ぎ。


           スポンサードリンク
       



2008'10'06(Mon)14:34 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
「父と娘の往復書簡」発売決定!
遂に発売決定です!
松さんと幸四郎さんの「父と娘の往復書簡」。

これは、2006年5月より「オール讀物」にて連載をしていて、父・松本幸四郎氏と松たか子の手紙のやり取りをリレー形式で綴った書籍なのです。

この連載に気づいたのが、なんとスタート1年後だったので、連載終了後すぐに、文芸春秋さんに「是非、単行本発売を!!」とお願いしていたのです。
きっと、私以外にも大勢の方々の声があったのでしょう。

だって、ものすごくいいんですよ。。。これ
このふたり、上手なんです、文章が。
まぁ、巧みな技術というよりは、やっぱり”心”でしょうねぇ。。。

とにかく、たのしみたのしみ。

松さんのサイトでもお知らせしてます。 ⇒ 松たか子最新情報

父と娘の往復書簡父と娘の往復書簡
(2008/10)
松本 幸四郎松 たか子

商品詳細を見る


           スポンサードリンク
       



2008'10'01(Wed)15:40 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
EXILEヒロさんの話
昨日、EXILEの話をたまたまつけたテレビでやっていた。
もともと、お涙ちょうだいばなしは好きではない方なので、この番組はあまり見ないのだけど、少し骨太な話をしていたので、しばらくチャンネルを変えずにいた。

誰にでもいろいろな過去はあるし、環境は違っても、どんな人の人生もドラマチックだと思う。
だから、彼らの話がすごくスペシャルだとも思わないし、そうなんだぁという感じで見ていた。

ヒロさんの場合の、一番のスペシャルは、エイベックスの松浦さんに出会っていたことだと思う。
お互いの未来の姿など想像すらできないで、彼らはとあるレコード店で出会っている。

でも、こういうことって、たまたま彼らが有名だからインパクトが強いけど、誰の人生にも起こってることだと思う。

たまたま入った喫茶店の店員とか、たまたまアパートの隣人になったとか、みんな、予期もしないで突然出会う。
そのたまたま会った人が、将来どんな人間になるかなんて想像できるわけもないし、相手からしてみてもそれは同じ。

近い将来、想像もできない”自分”に会えることは、とっても楽しみなことだけど、同じ時代に生きているあらゆる人たちが、そういうキラキラした可能性の中で生きてるって思うと、今の状況がどうであれ、なんか夢があるな~。。。

だから、今与えられてることを、最大限にいかして、今できることをコツコツ丁寧に、生きていこう。


BボーイサラリーマンBボーイサラリーマン
(2005/01)
HIRO

商品詳細を見る



           スポンサードリンク
       



2008'09'27(Sat)17:52 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
王監督へのイチローの言葉
今朝の情報番組でも、「王監督、勇退!」が大々的に報じられていた。

その中で、イチローのコメントが胸に響いた。
 ”偉大な記録を作った人はたくさんいますが、偉大な人間はそうはいません”

たった数秒の言葉。
キャスターやゲストコメンテーターはこの発言に対して、なんのコメントをすることもなく、コーナーは足早に次へと移っていった。

 わたしは、しばらくの間、その言葉から離れることができなかった。
彼の”いきざま”、彼がこの人生で求め目指す場所を感じずにはいられなかった。


 別のコーナーでは、ハンマー投げの室伏選手が、子どもたちにこんなことを伝えていた。

 ”一番大事なことは、自分の中の目標を達成することだと思います。”

本当に大切なことってなんのか。
本当の幸せってなんなのか。
 わかりづらくなっている今の世の中で、しっかり物事を見極めて、周りに流されず、しなやかに生きる。

 ふと思ってしまった。
こういう人たちが政治をやるって不可能なのかな、、、
でも、こういう人たちはそういう立場を求めないからな~、、、

 とりあえず、お手本にしたい人たちは、今もたくさんいます。
ちゃんと自分で見つければ。


未来をかえる イチロー262のNextメッセージ未来をかえる イチロー262のNextメッセージ
(2007/12/19)
「未来をかえるイチロー262のNextメ

商品詳細を見る
           スポンサードリンク
       



2008'09'25(Thu)13:39 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
茂木健一郎さん、わたしもそう思います!
さっき、脳科学者の茂木健一郎さんがテレビにでて、こんなことを言っていた。

「人間の脳には宝物がつまっていて、その宝物たちはいつ開花するかわからない。
人生はその宝物を探す旅だ。」

50代になっても、はたまた80代になっても、どんな新しい宝物がひょっこり自分の中に現れるか、わからないんだとか。

”想像もできない自分”に出会う可能性を毎日両手いっぱいに抱えて、私たちは生活してるんだな。

その”時”に備えて、よく働きよく食べよく寝て、健康な自分でいなきゃね。

茂木さんの著書をいくつか紹介します。


脳を活かす仕事術脳を活かす仕事術
(2008/09/10)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


   ひらめきの導火線 (PHP新書 544)ひらめきの導火線 (PHP新書 544)
(2008/08/19)
茂木 健一郎

商品詳細を見る




           スポンサードリンク
       



2008'09'24(Wed)13:00 [ 今日のおすすめ~書籍 ] . TB0 . TOP ▲
    


<< まずはコレ!年別 おすすめJ-popはコチラから >>
1991年  ⇒ 1992年  ⇒ 1993年  ⇒ 1994年  ⇒ 1995年  ⇒ 1996年  ⇒ 1997年
1998年  ⇒ 1999年



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。